SKIPPER『フィルムアレンジ』:スタンダードレンズフィルム ヘッドライトレンズへの施工 SKIPPER『フィルムアレンジ』:ドットレンズフィルム ヘッドライトレンズへの施工 SKIPPER『フィルムアレンジ』:ドットレンズフィルム テールライトレンズへの施工 SKIPPER『フィルムアレンジ』:スタンダードレンズフィルム テールライトレンズへの施工
FILM ARRANGE SKIPPER DECORATIVE PROGRAM
SKIPPER『フィルムアレンジ』ヘッドライトレンズへのレンズフィルム施工 - スタンダードレンズフィルム
SKIPPER『フィルムアレンジ』ヘッドライトレンズへのレンズフィルム施工 - ドットレンズフィルム
 
SKIPPER『フィルムアレンジ』テールライトレンズへのレンズフィルム施工
SKIPPER『フィルムアレンジ』テールライトレンズへのレンズフィルム施工 - スタンダードレンズフィルム
SKIPPER『フィルムアレンジ』テールライトレンズへのレンズフィルム施工 - ドットレンズフィルム
 
施工への拘り

SKIPPERでは、ヘッドライトやテールライトのレンズフィルム施工の際には、一度、ユニットを取り外してから行っております。 実際に車体に装着されたままだと、仕上げや、密着が確実に行えず、施工の精度に大きく影響します。また、施工対象以外の余分なフィルム部分を切断する際に、仕上げの荒さや、最悪、施工対象物に傷をつけてしまう事になりかねません。これら、仕上げに大きく影響する部分を、施工対象物を単体にする事で、施工効率・精度の向上が実現され、確実な施工が行えます。

SKIPPER フィルムアレンジ - アウディ A6アバント(C6)
SKIPPER フィルムアレンジ - アウディ A6アバント(C6)
SKIPPER フィルムアレンジ - アウディ A6アバント(C6)
SKIPPER フィルムアレンジ - アウディ A6アバント(C6)
 
ドットフィルムについて

今までは、色見の強い(濃い)フィルムを施工すると、ライト点灯時の照度が著しく低下すると言った問題がありました。しかし、このドット(点)柄のレンズフィルムは、透明なフィルムにドット(点)柄を印刷する事で、意図的に透明部分を残し、スタンダードなレンズフィルムに比べライト点灯時の照度低下を軽減します。また、フィルム面に微妙な凹凸が生まれ、結果、艶の無いマットな質感を演出致します。

SKIPPER『フィルムアレンジ』ドットフィルム素材のみ(ダークスモークタイプ)
SKIPPER『フィルムアレンジ』ドットフィルム施工事例 - アウディ A6アバント(C6)
SKIPPER『フィルムアレンジ』ドットフィルム施工事例 - アウディ A6アバント(C6)
SKIPPER『フィルムアレンジ』ドットフィルム施工事例 - アウディ A6アバント(C6)
SKIPPER『フィルムアレンジ』ドットフィルム施工事例 - アウディ A6アバント(C6)